病院受診に職員価格があるところが理想的

病院受診に職員価格があるところが理想的

看護師だって、急に体調が悪くなることもあります。また自分の家族が体調を崩すこともありますね。その場合、病院にいくこともあるでしょう。病院は3割負担ですが、薬なども含めると結構医療費がかかりますよね。

そんな時に助かるのが、自分の働く病院を受診をしたら、職員価格で割引があるという場合です。

もちろん本人の割引もあり、更に自分の家族の割引もあればいうことはありませんね。そのような補助があるところで働きたいなと思っています
。以前働いたところでは、看護師は手荒れに悩まされることが多いので、手荒れのクリームを配布してくれる病院もありました。手荒れのクリームといっても自費で購入していたら、その積み重ねで費用はかさむものです。

また看護師の手あれは感染のリスクを高めると病院がきちんと理解して、それを改善するためのクリームを出してくれていたことは本当によかったです。そのような看護師の健康に配慮してくれる病院が理想的です。

 

また病院の中に美容整形がある場合、また個人クリニックで美容整形で働く時に、新しい機械が入った時のモニターとして体験できるような制度があると嬉しいです。美容整形というと、シミ取りやしわ取り、アンチエイジングなどがありますが、保険がきかず自費の部分が多いです。しかし女性にとっては一度は体験してみたいと思うものではないでしょうか。
看護師人気11
それを治療する方法や機械もどんどん新しい物が出てきて、病院に導入することもありますね。まず患者さんに使用する前に看護師がモニターとなって使用できる場合もあるのですね。もちろん患者としてモニター価格で受けるのです。モニターでもいいのです。その情報をいち早く知り、体験できるようなチャンスが多くなるので、総合病院でも美容整形がある場所、また個人クリニックの美容整形外科があると、自分にとってメリットが大きな部分があるのです。