子育て中の看護師の理想の求人は託児所があり、夜勤専従があること

子育て中の看護師の理想の求人は託児所があり、夜勤専従があること

看護師として働いている人の中には、子育て中の人も数多くいます。こういった人は、やはり求人の条件で、託児所があることを挙げる人が多いです。看護師の求人には、託児所が併設されているところもありますが、個人の病院やクリニックである場合には、託児所がない場合もあります。

しかし、子供を預けて働く場合、託児所がないと、必然的に、夜勤の勤務ができない、ということになります。

子供を預けて働きたい、という場合には、託児所のある病院を選ぶというのが第一条件となります。託児所にはいろいろな託児所があると思いますが、子供が過ごしやすく、またどんなときも気軽に預けることができるところが良いです。保育園よりも費用が安く済むという点も良い面だと思います。
看護師人気7

また、子育て中の看護師で、理想としている求人が夜勤専従という働き方です。夜勤専従という働き方は、夜勤のみの勤務体系となっていて、月に数日働くという働き方になります。シフトによってさまざまとなります。

夜勤専従の働き方の場合には、アルバイトや、パートタイムという雇用になりますし、正社員での雇用は少ないという特徴がありますが、この働き方の場合では、看護師でも、夜勤のみとなりますので、給与は高収入となります。時給が高めに設定されていますので、勤務日数が少なくても、正社員並みに稼げる病院も多いのです。
また夜勤専従の場合には、勤務が少ないことから、家族との時間を大事にしたいという方や、子供との時間をとりたいという主婦の看護師の方には、とても人気となっています。夜勤専従で働きたい、という方は、看護師の中でもこういった理由から増えており、夜勤専従の求人が出ればすぐに埋まってしまうといわれています。子育て中の看護師の方は、こういったことを考えて、求人を選んでいるといえます。看護師の理想の科目は企業看護師

年に一度リフレッシュ休暇があるところが希望

病院で働く看護師は、シフト制のこともあり決して楽な仕事ではないですよね。命の現場なので、緊張感も強く、急な呼び出しのオンコールなどもあるので、日々の仕事でいっぱいいっぱいの時もあります。医師と患者の間に挟まれて、日々対応しなくてはいけないので、なかなか仲介に入るのは難しく、悶々としてしまうこともあります。そのようなストレス抱えることも少なくないので、リフレッシュすることは大切だと思っています。

 

病院によっては、求人で年間休日が多い、夏季休暇、冬季休暇があると書いてあることもあります。

しかしながら、その休みがバラバラで短かったら、疲れは取れないし、ストレスも完全にはなくならない。

そのためにある程度長い期間の休みがあるところが希望です。年間のトータルの休みは少なくてもいいです。また夏季休暇や冬季休暇が決められてなくてもいいです。せめて1週間連続しての休みが欲しい。これにつきます。

 

のために大切なことは、早めから勤務希望を出せるように配慮がされているところ、また旅行に行くのに、いちいち届け出をしなくてもいいところというのが大切なポイントです。病院の中では、勤務の何カ月前からしか希望は出せない。また海外に旅行に行くときには、きちんと届け出が必要という場所もありますから。

 

また師長や主任が率先して休みを取っているところもポイントの一つ。上が休みをしっかり取ってくれるところだと、部下たちも休みを取りやすいのですね。それを配慮して師長が1週間まとめて休みを取って海外に行くような前例を作ってくれると、わたしたちも休みを取っていいんだ!と思うようになります。看護師人気6
看護師として働くのは、楽しいし、やりがいがあっても、休日をしっかり確保してリフレッシュすることは当然の権利です。その当然の権利が守られるところが理想です。